自由診療で治療費が高額に

 

自由診療で治療費が高額に

AGAいわゆる薄毛でお悩みの男性は病院やクリニックで治療法を受けることで改善が見込めます。
額の生え際から、頭頂部から、その両方から薄くなり始めた男性は全体に広がってしまう前にお早めにご来院してみてください。
病院やクリニックでは主にプロペシアと言うAGA治療薬を処方しています。
FDA(アメリカ食品医薬品局)が認可したフィナステリドを主成分にして錠剤にしたものです。
フィナステリドには男性ホルモンのテストステロンが脱毛を引き起こしているジヒドロテストステロンへと代謝されるのを防ぐ働きがあります。
日本だけじゃなく世界で多くの患者さんに効果が認められています。
しかし効果が出てくるまでに3か月から6か月と期間が掛かる、保険の効かない自由診療で治療費が高額になるデメリットがあります。
もしプロペシアで実感されない場合は、クリニックではミノキシジルを主成分にした頭皮に塗る育毛剤との併用も行っています。
ミノキシジルもFDAが認可した成分であり信頼性がとても高いです。